平川接骨院スタッフブログ”></div>
<div id=

交通事故による通院の慰謝料とは?

2015年09月29日

ご存知の方も多いと思いますが、交通事故で被害に遭い怪我をすると「慰謝料」が発生します。

障害に対する慰謝料は怪我の程度や精神的及び肉体的苦痛によって割り出され、慰謝料の額は定額化されていますが、算定基準は自賠責保険基準、任意保険の基準、弁護士会の基準とそれぞれ子とやる基準があります。

しかし、ただ怪我をしたという事実だけで「慰謝料」が発生するわけではありません。

事故による障害に対する慰謝料は通院一日に付きいくらと「通院日数」により変動します。ですから「通院慰謝料」などと呼ばれているのです。

つまり、どんなひどい被害や怪我を負っても治療や通院を重ねなければ慰謝料は発生しませんし。

通院の頻度が少ないと慰謝料が増えない仕組みになっています。

それどころか、通院・治療を行わないと「治療を行わなくても日常生活に支障がない。」と勝手に判断され損保会社より治療の打ち切りを迫られるケースもあります。

事故直後は気が動転していたり緊張のせいで痛みや症状を体感しにくい時期があるかもしれませんが、出来るだけ早く医療機関にかかり

適切な検査、治療を開始することを忘れないでください。

外傷リハビリの専門家である接骨院の立場から言わせていただくと受傷初期に治療を出来る方が治療成績は良くなります。

事故に遭い警察、保険会社との連絡が済みましたらすぐにでもご相談下さいね。

早く治療を始めて、早く治しましょう!

 

創業39年京都市の平川接骨院グループ

京都市南区【平川接骨院 南区本院】075-691-6790 京都市南区西九条西柳ノ内町28-5

京都市伏見区【平川接骨院 久我の杜院】 075-925-8642 京都市伏見区久我森ノ宮町14-12 プレジオ伏見久我1F

京都市右京区【平川接骨院 太秦院】 075-748-0808 京都市右京区太秦北路町8-3 シャンポール松室1F

受付時間 月・火・木・金 9:00~12:00、16:00~20:30

      水・土     9:00~12:30 日祝休診

※予約優先性で出来るだけ待ち時間なくスムーズにご案内致します。  お気軽にお電話ください。

バイク(2輪)事故が増えています!

2015年09月19日

DSC_0860

先日、旅行で高速道路のパーキングエリアのトイレで見かけたポスターです。

自転車の事故も増えていますが、夏から秋にかけての気候の良い時期はバイクの数も増えており事故も急増中だそうです。

特に高速道路での2輪事故は即、死につながる事故になる事から特に注意が必要です。

この画像にもありますが、事故を防ぐためには

①車間距離を十分に保つ

②無理な車線変更、不用意にあおらない

③スピードを守る

事が重要です。

今日からのシルバーウィークは晴天に恵まれそうですし車にもまして2輪での高速道路の走行が増えると予想されます。

普段運転しない方もハンドルを握る機会が多くなるでしょうし、くれぐれも安全運転で休憩や睡眠は早い目にお願いします。

また、2輪は自動車からは見えにくく車を運転している方も注意が必要です。

2輪も4輪も楽しくドライブや旅行、ツーリングを楽しんで事故なく帰ってきてくださいね。

 

創業39年京都市の平川接骨院グループ

京都市南区【平川接骨院 南区本院】075-691-6790 京都市南区西九条西柳ノ内町28-5

京都市伏見区【平川接骨院 久我の杜院】 075-925-8642 京都市伏見区久我森ノ宮町14-12 プレジオ伏見久我1F

京都市右京区【平川接骨院 太秦院】 075-748-0808 京都市右京区太秦北路町8-3 シャンポール松室1F

受付時間 月・火・木・金 9:00~12:00、16:00~20:30

      水・土     9:00~12:30 日祝休診

※予約優先性で出来るだけ待ち時間なくスムーズにご案内致します。  お気軽にお電話ください。

自転車による交通事故

2015年09月14日

最近は自転車運転中の交通事故が増えていますね。

交通事故全体は減っていますが自転車による交通事故は増えている様子です。

  • 自転車と歩行者の交通事故
  • 自動車と自転車の交通事故
  • 自転車同士の交通事故

自転車に乗っている方も歩行者にしても生身の体一つですから時に車に乗っている時よりも怪我の状態が重傷になる傾向があります。

特に自転車が歩行者に衝突した場合には死亡事故などになって高額な賠償金の支払い命令がでており注意が必要です。

そこで、最近では「自転車保険」の加入も勧められています。

しかし、自転車保険は単体で加入すると年間で一人当たり約15000円、家族全体加入で4万円前後になっており高額です。

そこで、うまく利用したいのが自動車保険(任意保険)の特約で付けられる日常生活賠償保険です。

これは、自動車保険の特約ですが、日常生活での事故での賠償にも利用できる優れものです。

しかも、保険料は1500円前後とかなりの割安かつ自転車保険にはついていない示談交渉の代行まで行ってくれるので入らない手はありません。

私も先日の更新時に加入しました。一度、ご家族や保険会社の方とご相談になられてみてください。

 

自転車に乗っていて事故を起こした場合のお怪我やリハビリの治療も勿論平川接骨院グループで行うことが出来ます。

痛みや後遺症がを残さないためにも出来るだけ早く治療にいらしてください。ご相談お待ちしております。

創業39年京都市の平川接骨院グループ

京都市南区【平川接骨院 南区本院】075-691-6790 京都市南区西九条西柳ノ内町28-5

京都市伏見区【平川接骨院 久我の杜院】 075-925-8642 京都市伏見区久我森ノ宮町14-12 プレジオ伏見久我1F

京都市右京区【平川接骨院 太秦院】 075-748-0808 京都市右京区太秦北路町8-3 シャンポール松室1F

受付時間 月・火・木・金 9:00~12:00、16:00~20:30

      水・土     9:00~12:30 日祝休診

※予約優先性で出来るだけ待ち時間なくスムーズにご案内致します。  お気軽にお電話ください。

 

症状固定とは?後遺症とは?

2015年09月4日

交通事故で怪我をして治療やリハビリを続けたにもかかわらず、症状が残ってしまうこともあります。

そして、これ以上治療を継続してもその症状の回復や改善が期待できなくなった状態を症状固定と言い、その時点で残っている症状を後遺症と呼びます。

症状固定をどの時期で判断するかは最終的には医師が決めることになります。

しかし、中には保険会社から「もう症状固定ですね。」と告げられて治療を継続できなくなってしまう事態があります。

症状が残っている患者様にとっては治療を少しでも継続したいですよね。

先ほども言いましたように、「症状固定」最終決定は主治医であるドクターにありますので、保険会社に症状固定を告げられても再度の診察を受けてから判断することが良いでしょう。しかも、後遺症に対する補償は最低6ヶ月間の継続した治療を受けていないと認定はまずされません。

「症状固定」という判断を保険会社からの一方的な治療の打ち切りに対して、納得がいくまで治療を続けるためにも、万が一残るかもしれない後遺症の補償を受けるためにも、普段の治療から接骨院だけでなく病院での診察を必ず併用することが望ましいのです。

私たち平川接骨院グループではドクターと連係し出来るだけ早く症状が改善するための施術を行っております。

交通事故によるむち打ちや怪我のリハビリでお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

創業39年京都市の平川接骨院グループ

京都市南区【平川接骨院 南区本院】075-691-6790 京都市南区西九条西柳ノ内町28-5

京都市伏見区【平川接骨院 久我の杜院】 075-925-8642 京都市伏見区久我森ノ宮町14-12 プレジオ伏見久我1F

京都市右京区【平川接骨院 太秦院】 075-748-0808 京都市右京区太秦北路町8-3 シャンポール松室1F

受付時間 月・火・木・金 9:00~12:00、16:00~20:30

      水・土     9:00~12:30 日祝休診

※予約優先性で出来るだけ待ち時間なくスムーズにご案内致します。  お気軽にお電話ください。

自賠責保険が適応されないケース

2015年09月2日

こんにちは。 交通事故治療専門院 平川接骨院の山口です。

いつもブログをお読みいただきありがとうございます。

 

本日は自賠責保険が適応されないケースについてのお話です。

■「無責事故」とは「100%被害者の責任で発生した事故」のこと

自賠責保険は対人賠償を保証する目的のものです。無籍事故の場合には被害者への賠償責任がなくなるため、相手車両の自賠責保険から賠償金は支払われません。任意保険に加入している場合には、自損事故保険金の対象となります。

 

■無責事故の要因

無責事故の例としては、死傷した運転手が、信号無視で衝突事故を起こした場合、わき見運転によって停止中の車に追突した場合など、また、電柱などに自ら衝突した単独事故も無責事故に相当します。

しかし車同士の交通事故なら、少なからず双方に責任がある場合が多く、片方がまったく過失がないということはほとんどありえません。

無責事故とされてしまった中にも被害者が死亡したり、意識が回復しない場合など訴えることが出来ないため、相手側の言い分だけで事故が被害者の一方的な過失として扱われてしまうケースもあるようです。死亡事故で無責事故として自賠責保険が適用されなかった交通事故例は、普通の傷害事故に比べて統計的にも多く報告されています。

 

創業39年京都市の平川接骨院グループ

京都市南区【平川接骨院 南区本院】075-691-6790 京都市南区西九条西柳ノ内町28-5

京都市伏見区【平川接骨院 久我の杜院】 075-925-8642 京都市伏見区久我森ノ宮町14-12 プレジオ伏見久我1F

京都市右京区【平川接骨院 太秦院】 075-748-0808 京都市右京区太秦北路町8-3 シャンポール松室1F

受付時間 月・火・木・金 9:00~12:00、16:00~20:30

      水・土     9:00~12:30 日祝休診

※予約優先性で出来るだけ待ち時間なくスムーズにご案内致します。  お気軽にお電話ください。

 

 

..

〒601-8436
京都市南区西九条西柳ノ内町28-5

平川接骨院。電話番号075-691-6790
..
..

〒612-8495
京都市伏見区我森ノ宮町14-12
プレジオ伏見区我1F

久我の杜平川接骨院鍼灸治療院。電話番号075-925-8642
..
..
太秦平川接骨院鍼灸治療院

〒616-8182
京都市右京区太秦北路町8-3
シャンポール松室1F

上桂の杜平川接骨院鍼灸治療院。電話番号075-748-0808 公式サイト 地図
..
..
西京極平川接骨院鍼灸治療院

〒615-0804
京都市右京区西京極町ノ坪町25
サンフローネ川宗

西京極平川接骨院鍼灸治療院。電話番号0757547580 公式サイト 地図
..
..
花園駅前 平川接骨院/整体院

〒616-8043
京都市右京区花園寺ノ内町15-11

花園駅前 平川接骨院/整体院。電話番号 公式サイト 地図
..
..
上桂平川接骨院鍼灸治療院

〒615-8281
京都市西京区松尾木ノ曽町59-7

上桂平川接骨院鍼灸治療院。電話番号075-754-7445 公式サイト 地図
..
..
山科椥辻 平川接骨院/整体院

〒607-8162
京都市山科区椥辻草海道40-5 Y’sビル1F

電話番号 公式サイト 地図
..
..
今出川 平川接骨院/整体院

〒602-0941
京都府京都市上京区南兼康町340-2-2

電話番号 公式サイト 地図
..
西向日 平川接骨院/針灸治療院
西向日 平川接骨院/針灸治療院

〒617-0006
京都府向日市上植野町馬立19-2レジデンス向陽1F

電話番号 公式サイト 地図
..

肩こり専門整体_KATA+

京都市交通事故治療むちうち.com豆知識ブログ