平川接骨院スタッフブログ”></div>
<div id=

交通事故後のむち打ちの症状と頭痛の原因とは…!?

2017年08月19日

交通事故後の頭痛の原因について

交通事故 むち打ち 画像診断

交通事故をされた方でその後、頭痛の症状が取れないという方が良く来院されます。

病院で脳の検査をして異常がないと言われたにも関わらずなぜ頭痛が起こるのでしょうか…!?

交通事故の衝撃は軽い衝突事故でも身体(特に首)に多大な外力が加わります。【一般的にむち打ちと言います】

頭は前方に大きく振られるのでその動きを制御するために首の筋肉に一瞬にして力が入ります。

頭は誰でも5キロほどの重さがあります。交通事故の衝撃で頭が振られると首には200㎏ほどの衝撃が加わると言われています。

その衝撃をより受ける筋肉に僧帽筋という筋肉があります。僧帽筋は首から肩や背中に着く筋肉ですがこの筋肉は普段から頭の重さを支える筋肉でもあります。交通事故で頭が前方に振られるとこの僧帽筋という筋肉が損傷したり、力が入ったまま力が抜けない状態(硬くなったままの状態)になってしまいます。むち打ちの症状の原因の多くのこの僧帽筋が関与しています。

「僧帽筋 イラスト」の画像検索結果

僧帽筋の痛みは首や背中の局所的な痛みを出すと同時に頭痛も起こす代表的な筋肉です。筋肉が局所ではないところに痛みを出すことを医学的に関連痛といいます。

僧帽筋由来の頭痛は主に側頭部に痛みを出現します。片頭痛の症状と似ているので片頭痛と間違われたりもする症状です。

SCAN IMAGE

SCAN IMAGE

筋肉の状態はレントゲンやMRIでは分かりません。なので病院で画像診断しても原因が分からないのはこのためです。

交通事故後の頭痛にはどのような治療が有効的なのか…!?

交通事故の衝撃で硬くなった筋肉をまずは緩めないといけません。筋肉全体を緩めるのはもちろんのこと頭痛のような症状が出現している場合は筋肉内にトリガーポイントという筋肉のシコリが出来ている場合が多いのでトリガーポイントを正確に見つけ出しトリガーポイントを取り除くような手技治療が必要です。コルセットやシップを貼って安静にしているだけでは痛みが取り除くまで大変時間がかかります。しっかり原因を見つけ出し適切に治療を行うことが今後も痛みを生み出さないために非常に大切です。

交通事故後のむち打ちの症状や頭痛の症状でお悩みの方がおられましたら当院に一度ご相談下さい。

むち打ちの症状について詳しくはこちら

京都市平川接骨院 佐野哲也

 

むちうちになってから首がだるくて頭を支えていられない。

2015年12月24日

クリスマスを控え、街はキラキラし始めていますが冬休みは交通事故が多い季節、皆様どうか安全運転をお願いします。

さて、今日は交通事故のむち打ち症による症状についてご説明します。

交通事故で追突されてむち打ちを起こすと、デスクワークやスマホの閲覧などがとても辛くなる方がいます。

頭を支えているのがとても辛い状態ですね。

 

どうしてこういうことが起きるかと言いますと筋肉は外力が加わり緊張状態が続くと拘縮という伸び縮みがうまくできない状態となり

筋力自体も低下してしまう特徴があるからなんです。

そのため、関節や神経に異常が見られなくても、「力が入りにくい」「握力がが低下した」ということが起こるのです。

 

そして、この頭を支えるのが辛くなる症状には二つの筋肉が関わっています。

一つ目は僧帽筋という方から首にかけての大きな筋肉です。

もう一つは頭板状筋という首の後ろから頭にかけての筋肉です。

これらの筋肉は両方とも背中側に位置し頭を支えるのに働いています。

また、僧帽筋は表層の筋肉で頭板状筋はいわゆるインナーマッスルに分類される身体の深部の筋肉です。

 

よく首にカラーという輪っかをはめる保存療法がありますが頸椎(首の骨や靭帯)に異常がないのであればあまりお勧めできませんし

頭が支えられなくて日常生活が送れない(仕事が出来ないなど)場合の一時的な利用にとどめるのが望ましいです。

なぜならカラーは頭の重みを除去してくれるのですが一方で首の動きを制限し筋肉の拘縮状態を更に酷くしてしまうからなんです。

ギックリ腰などの腰痛でもコルセットや安静は返って治りを悪くする(遅くする)ことが医学的にも解ってきていますから、カラーによる安静よりは

僧帽筋や頭板状筋などの頭を支える筋肉に対する積極的な治療を早期から始めるべきでしょう。

 

具体的な治療方法としては、僧帽筋と頭板状筋をリラックスできるポジションに導きその状態で筋肉を包む筋膜を静かにリリースする方法が良いでしょう。

間違っても頸椎をボキボキ鳴らすような刺激の強い矯正法は避けてください。

また、牽引療法も医学的な根拠はないとされていますし、かえって首の筋肉を傷めてしまう危険性もあるので避ける方が良いでしょう。

 

むちうちの症状は多岐にわたります。

治療や補償で頭がいっぱいになると思いますがまずは身体のことだけでも楽になってください。

むちうちをはじめ交通事故での治療は平川接骨院が全力で治療致します。

お気軽にご相談ください。

創業39年京都市の平川接骨院グループ

京都市南区【平川接骨院 南区本院】075-691-6790 京都市南区西九条西柳ノ内町28-5

京都市伏見区【平川接骨院 久我の杜院】 075-925-8642 京都市伏見区久我森ノ宮町14-12 プレジオ伏見久我1F

京都市右京区【平川接骨院 太秦院】 075-748-0808 京都市右京区太秦北路町8-3 シャンポール松室1F

受付時間 月・火・木・金 9:00~12:00、16:00~20:30

       水・土     9:00~12:30 日祝休診

※予約優先制で出来るだけ待ち時間なくスムーズにご案内致します。  お気軽にお電話ください。

 

交通事故後の歯茎の痛み

2015年12月21日

当院に通院されていた交通事故治療患者様の症状です。

 

信号待ちで停車中に、後方車両に追突される。

幸い後方車両もスピードが出ておらず、車両の一部損傷のみで身体症状も出ずに一週間が経過。

右歯茎の痛みで、虫歯かなと思い歯科を受診。

検査結果、異常なし。

痛みが引かないため、市販の痛み止めを服用するもなかなか痛みは軽減せず。

そのころ軽い肩こり症状を感じるようになり、当院を受診。

検査の結果、交通事故による僧帽筋の過緊張と判断。

感じていた肩こり症状もむち打ちの症状だったと考え、僧帽筋を中心とした施術。

僧帽筋の施術を行った結果、二回の施術で肩こり症状(ムチ打ち症状)消失。

それと同時に歯茎の痛みも完全になくなった。

 

筋肉は負担の蓄積や、怪我、交通事故後の症状と様々な原因で硬くなることがあります。

筋肉の硬さが続くと中にコリコリとしたしこり(トリガーポイント)が発生します。

トリガーポイントは日本語で”痛みの引き金”という意味ですが、実際に引き金となりその場所と離れたところに痛みを引き起こすことがあります。

実はこの患者さんは身体症状こそ初めは出なかったものの、事故による衝撃で僧帽筋が硬くなり、そのまま放置することで中にトリガーポイント発生。

僧帽筋のトリガーポイントは以下のような場所に痛みを引き起こします。

SCAN IMAGE

SCAN IMAGE

顎のところが赤くなっているのがお分かりでしょうか?

実際にこの痛みは顎ではなく、歯茎に痛みを感じることが多くあります。

そのため僧帽筋を治療した結果歯茎の痛みも消失したのです。

 

 

このように交通事故後の症状は思わぬ症状が出ることもあります。

そしてそのほとんどが交通事故の衝撃による筋肉の症状です。

筋肉の症状はレントゲンではわかりません。

整形外科に行っても症状が良くならなかった場合は、筋肉が原因かもしれません。

 

筋肉(トリガーポイント)専門院の平川接骨院/針灸治療院グループに一度ご来院ください。

 

創業39年京都市の平川接骨院グループ

京都市南区【平川接骨院 南区本院】075-691-6790 京都市南区西九条西柳ノ内町28-5

京都市伏見区【平川接骨院 久我の杜院】 075-925-8642 京都市伏見区久我森ノ宮町14-12 プレジオ伏見久我1F

京都市右京区【平川接骨院 太秦院】 075-748-0808 京都市右京区太秦北路町8-3 シャンポール松室1F

受付時間 月・火・木・金 9:00~12:00、16:00~20:30

       水・土     9:00~12:30 日祝休診

※予約優先制で出来るだけ待ち時間なくスムーズにご案内致します。  お気軽にお電話ください。

交通事故でのむち打ちと手のしびれ

2015年12月7日

交通事故で有名な怪我に「むちうち症」というのがあります。

ご存知のように、重たい頭が事故の衝撃で揺られ、首や肩を痛める怪我です。

病院では「外傷性頚部症候群」や「頸椎捻挫」といった診断名で表現されることが多く、

患者さんが訴える症状も多岐にわたり治療が難渋するケースも少なくありません。

 

今日は特にむち打ちによる手のしびれについて解説します。

むちうち症ではよく手や指のしびれ・脱力感を訴えられる方がおられます。

首を痛めたのだから首の神経がどうにかなったのかと心配され平川接骨院に通院される方も多くあります。

病院でも、頸椎を痛めたことによる神経障害と言われれば不安になるのも当然です。

 

しかし、実際に当院で検査・施術をさせていただくと頸椎(骨)や神経には問題がないケースが多いのも事実です。

病院で頸椎の間が狭くなっている、ヘルニアで神経に触れているなどと言われても実際はそれ以外の原因で手や指のしびれが出ていることがほとんどなのです。

では何が原因かというと「筋肉」の機能異常が原因になっているのです。

この筋肉の機能異常はレントゲンなどの画像には写らないため多くの場合病院では的確に診断されずひどい場合は無駄な手術を行いかえって

症状が複雑になっているケースも見られます。

 

平川接骨院ではこの筋肉の機能異常を触診や検査で割り出し原因になっている筋肉に対してピンポイントで治療を行っています。

特に手や指のしびれの原因になるのは首の前にある「斜角筋」という筋肉です。

通常ですと触れることも難しい筋肉ですが平川接骨院グループでは研修に合格した施術スタッフが的確に斜角筋を施術いたします。

 

・病院に通院しているが指先のしびれが治らない。

・首の牽引をしているが手の脱力感が残っている

 

このようなことでお悩みの方はぜひ一度ご相談ください。

創業39年京都市の平川接骨院グループ

京都市南区【平川接骨院 南区本院】075-691-6790 京都市南区西九条西柳ノ内町28-5

京都市伏見区【平川接骨院 久我の杜院】 075-925-8642 京都市伏見区久我森ノ宮町14-12 プレジオ伏見久我1F

京都市右京区【平川接骨院 太秦院】 075-748-0808 京都市右京区太秦北路町8-3 シャンポール松室1F

受付時間 月・火・木・金 9:00~12:00、16:00~20:30

       水・土     9:00~12:30 日祝休診

※予約優先制で出来るだけ待ち時間なくスムーズにご案内致します。  お気軽にお電話ください。

交通事故の加害者になってしまったら。

2015年12月3日

こちらでは交通事故の治療について主にお伝えしいますが、今日は交通事故が起きた時の保証についてお伝えしていきます。

交通事故で良く、被害者・加害者という言い方をしますが100%の過失割合でない限り加害者でも自賠責保険から治療費、休業補償などの補償を受けることは出来ます。

そもそも、自賠責保険は全ての負傷者が被害者であるという考えの元にありますから、過失割合による補償金額の逓減はありますが、相手より過失の割合が高くてもが高くても補償を受けることは出来ます。

また、自分自身で加入している任意保険は過失割合に関係なく、(例え自損事故でも)補償される人身傷害保険という保証がほとんどの場合ついていますのでそれを利用して治療や通院慰謝料などの補償を受けることが出来ます。

つまり、事故でお怪我をされた場合は、まず警察を呼んで現状の確認報告を済ませ、まずは自分自身の任意保険会社に連絡し、早くから治療を開始することが大切なのです。

自分の過失割合に限らず、また会社の怪我の状況に関係なく自分の身体の治療は何らかの補償がありますので、慢性化して症状が長期化しないためにも早期から治療を開始してください。

平川接骨院グループでは複雑な補償請求は専門の弁護士に相談できる窓口を設けております。

こちらから斡旋することはいたしませんが、現状の補償内容に疑問を持っておられる方や治療効果に満足されていない方はお気軽にご相談ください。

病院・整骨院からの転院に病院や保険会社の許可入りません。

創業39年京都市の平川接骨院グループ

京都市南区【平川接骨院 南区本院】075-691-6790 京都市南区西九条西柳ノ内町28-5

京都市伏見区【平川接骨院 久我の杜院】 075-925-8642 京都市伏見区久我森ノ宮町14-12 プレジオ伏見久我1F

京都市右京区【平川接骨院 太秦院】 075-748-0808 京都市右京区太秦北路町8-3 シャンポール松室1F

受付時間 月・火・木・金 9:00~12:00、16:00~20:30

       水・土     9:00~12:30 日祝休診

※予約優先性で出来るだけ待ち時間なくスムーズにご案内致します。  お気軽にお電話ください。

交通事故治療は専門機関への早期受診がカギ

2015年11月26日

皆さんこんにちは。交通事故治療専門院 平川接骨院の山口です。

 

交通事故後の症状には数か月たってから発症するものもあります。

しかし、残念なことに交通事故以外原因が思い当たらない!と思っても、数か月たってからの発症では交通事故とその症状の因果関係が証明できないので、ほとんどの場合保険が適応されません。

こうなると高額な治療費を自己負担しないといけないだけでなく、事故からの日数もありなかなか症状上も改善しにくくなります。

また逆に、むち打ち症状などでは事故当初はほとんど症状が出ず、頭痛や吐き気などが後日出ることあります。頭痛や吐き気は風邪でも起こりうる症状ですので本人も気付かないということもあるようです。

このように交通事故後の症状は本人が気づかない場合や気付いたとしても保険の適応にならないこともありますので、交通事故に遭った時には大丈夫だからとその場で判断せずに、ますは専門機関に行くことをおすすめします。

専門院で精密な検査を受けると、自分自身では何とも思っていなくでも、正確な診断を受けることが出来ますし、もしも後日症状が出たとしても、診断書等を取り付けておけば、自賠責保険の対象にもなります。

 

交通事故の症状は後後出てくる可能性があるということを頭の片隅に置いておき、もしも事故に遭った時は自己判断せずにしっかりと専門の接骨院や整形外科にかかりましょう。

 

京都市の平川接骨院グループでは、交通事故後のお怪我の治療や検査も行います。

ひとりで解決せず、まずは一度お越しください。

 

創業39年京都市の平川接骨院グループ

京都市南区【平川接骨院 南区本院】075-691-6790 京都市南区西九条西柳ノ内町28-5

京都市伏見区【平川接骨院 久我の杜院】 075-925-8642 京都市伏見区久我森ノ宮町14-12 プレジオ伏見久我1F

京都市右京区【平川接骨院 太秦院】 075-748-0808 京都市右京区太秦北路町8-3 シャンポール松室1F

受付時間 月・火・木・金 9:00~12:00、16:00~20:30

       水・土     9:00~12:30 日祝休診

※予約優先制で出来るだけ待ち時間なくスムーズにご案内致します。  お気軽にお電話ください。

交通事故にあって困る事の二つと言えば。

2015年11月11日

日が沈むのが一気に早くなり日が短くなってきましたね。

この時期の日暮れ時は交通事故が多くなると言われています。いわゆる薄暮という時間帯でヘッドライトの点灯が遅れがちになり

事故が多発するというわけです。くれぐれも注意して運転してください。

 

さて、交通事故が実際に起きる時に困ることは大きく二つです。

一つ目は、怪我の治療について

もう一つは諸々の補償についてです。

 

自分自身の過失割合にもよりますが本来受けなかった肉体的精神的金銭的な被害を金銭的に補償してもらうためには様々な手続きが必要になります。

私たち平川接骨院グループはお身体の怪我の回復やリハビリについては専門家として最善の治療を提供しておりますが

こと金銭的な補償についてはご説明や準備はしていますが専門家として交渉はもちろん最善のアドバイスまでは行えません。

しかし、怪我の回復だけで患者様の被害が補えるかと言えばそんなことはありません。

 

そこで私たち平川接骨院では交通事故の被害補償を専門的に取り扱っている弁護士事務所と連係し患者様の怪我の治療からその他の金銭的な保障までをトータルにサポートしております。

地元京都の弁護士事務所で相談だけなら無料ですし、私たちに紹介料も勿論必要ありません。

最近は自動車保険の任意保険で弁護士特約を付けられている方がほとんどですので弁護士費用も掛からずに済みます。

 

現在他院に通院されておられる方も当院に変更することは可能です。

いつでもお気軽にご相談下さい。

創業39年京都市の平川接骨院グループ

京都市南区【平川接骨院 南区本院】075-691-6790 京都市南区西九条西柳ノ内町28-5

京都市伏見区【平川接骨院 久我の杜院】 075-925-8642 京都市伏見区久我森ノ宮町14-12 プレジオ伏見久我1F

京都市右京区【平川接骨院 太秦院】 075-748-0808 京都市右京区太秦北路町8-3 シャンポール松室1F

受付時間 月・火・木・金 9:00~12:00、16:00~20:30

       水・土     9:00~12:30 日祝休診

※予約優先性で出来るだけ待ち時間なくスムーズにご案内致します。  お気軽にお電話ください。

 

 

自転車事故での膝の打撲

2015年11月6日

自転車の交通事故が増えています。

自転車同士、自転車と車、自転車と歩行者、様々なケースがありますがいずれにせよ体をガードするものがない自転車事故は大きなけがになりやすいものです。

今回は膝の打撲についてご説明します。

自転車に乗っていて交通事故にあうと転倒した際に膝を地面に打ち付けることがよくあります。

いわゆる『膝の打撲』です。

 

しかし、この打撲というのは意外と曲者で打撲という怪我の仕方は同じでも

怪我の中身は様々なのです。

軽いものですと皮膚の挫傷や擦過傷(すり傷)で済みますが

中には膝のお皿の骨折(膝蓋骨骨折)、半月板損傷など重傷になるケースもあります。

膝の関節内部の怪我は受傷直後は腫れや出血が分かりにくく見過ごされることも少なくありません。

また、膝の怪我は後々の歩行時痛や正座が出来ないなどの後遺症にもつながりやすいので注意が必要です。

 

ですので、軽い打撲?と思ってもまずは病院での診察を受け事故当日に異常がなくても

少しでも痛みや違和感を感じたら検査や診察を早く受けるようにしてください。

 

平川接骨院では画像検査と診断に強い医療機関と連携を取り、医師のリハビリ指示に基づき計画的に施術を行い

後遺症が出来るだけ残らないような治療を心掛けています。

 

勿論、膝蓋骨骨折や半月板損傷の手術後のリハビリも自賠責保険や自動車保険を利用して受けていただくことが出来ます。

交通事故による怪我の治療は補償も絡み早く始めるに越したことはありません。

 

たかが打撲と思わずに必要な治療を早く始め、事故する前の状態に少しでも近づくようにしていきましょう!

創業39年京都市の平川接骨院グループ

京都市南区【平川接骨院 南区本院】075-691-6790 京都市南区西九条西柳ノ内町28-5

京都市伏見区【平川接骨院 久我の杜院】 075-925-8642 京都市伏見区久我森ノ宮町14-12 プレジオ伏見久我1F

京都市右京区【平川接骨院 太秦院】 075-748-0808 京都市右京区太秦北路町8-3 シャンポール松室1F

受付時間 月・火・木・金 9:00~12:00、16:00~20:30

       水・土     9:00~12:30 日祝休診

※予約優先性で出来るだけ待ち時間なくスムーズにご案内致します。  お気軽にお電話ください。

 

耳鳴りもむち打ちの症状

2015年11月4日

「むち打ちの症状」と聞くと、多くの人は肩の痛みや首の痛みをイメージされることと思います。

実際に自覚しやすい症状といいますと、首や肩に痛みとなります。

これは以前にも書いたように、大きな衝撃を受けることにより筋肉が硬くなってしまい痛みが発生します。

ただし硬くなった筋肉はほおっておくと、筋肉内部に硬いしこりが発生します。

このしこりのことを(トリガーポイント)といいます。

トリガーとは英語で「引き金」という意味ですが、さらに別の症状を引き起こすことがあります。

 

交通事故のむち打ち症状で硬くなりやすい筋肉に「胸鎖乳突筋」という筋肉があります。

この胸鎖乳突筋は普段顎を前につき出したり、首を回旋(回す)と気に使う筋肉です。

実際交通事故で首が回ることは少ないですが、顎を突き出すような状態はよくおこります。

このような状態が事故の衝撃によって強制されると、この「胸鎖乳突筋」が損傷します。

胸鎖乳突筋の中にトリガーポイントが発生すると、こめかみや耳の周りに感じる頭痛を引き起こしたり

耳鳴りを起こす可能性があるのです。

「耳鳴り」が交通事故による後遺症と思っている方はすくなく、それは事故とは関係ないと思って我慢されている人も多いようです。

 

交通事故後に身体におこる症状は、人それぞれです。

勝手にその症状は交通事故とは関係ないと思いこまず、一度医療機関を受診されることをお勧めします。

 

平川接骨院ではトリガーポイント治療を専門とし、交通事故がの耳鳴り症状等の施術も行っておりますので、

交通事故後の耳鳴りでお悩みの方は一度ご相談ください。

 

創業39年京都市の平川接骨院グループ

京都市南区【平川接骨院 南区本院】075-691-6790 京都市南区西九条西柳ノ内町28-5

京都市伏見区【平川接骨院 久我の杜院】 075-925-8642 京都市伏見区久我森ノ宮町14-12 プレジオ伏見久我1F

京都市右京区【平川接骨院 太秦院】 075-748-0808 京都市右京区太秦北路町8-3 シャンポール松室1F

受付時間 月・火・木・金 9:00~12:00、16:00~20:30

       水・土     9:00~12:30 日祝休診

※予約優先性で出来るだけ待ち時間なくスムーズにご案内致します。  お気軽にお電話ください。

自転車交通事故による骨折の治療について

2015年10月27日

自転車で事故にあい転倒すると肘から地面に落ちることがあり肘を骨折するケースがあります。

この場合どのような治療とリハビリが最良なのでしょうか。

 

怪我の治療は年齢や性別仕事の内容で優先される事項が異なりますが、

一般的に

1.痛みが残らないようにする治療

2.関節や筋肉の機能を回復させるための治療

の二つの観点から治療やリハビリを進めていく必要性があります。

 

ご存知のように骨折が起きると当初は我慢できない激烈な痛みが発生します。

また、異常可動性と言って本来動かない部分が骨折という骨の離断により動いてしまう現象が起こります。(完全骨折の場合)

勿論触れたり押したりすると限局性圧痛という骨折部に限局した痛みも生じます。

 

しかし、実はこれらの痛みは全て骨折の損傷局所からの痛みであり基本的には時間と共に解決していきます。

極端な話、骨が元通りにならなくても骨折部の痛みはいつかは必ず引いていきます。

 

しかし骨折に限らず捻挫や脱臼でも損傷した組織は修復されているにも拘らず

しつこく辛い痛みに悩まされることが少なくありません。むしろ骨折や捻挫後の痛みはこちらの痛みの方が多い位です。

 

その痛みを後遺症のように残さないためにはどうすれば良いのか?

それは、組織の損傷(骨の損傷)だけにとらわれず周囲にある筋肉の緊張を出来るだけ早く和らげる治療を始める必要があるのです。

 

骨折部分が引っ付いているのにいつまでも続く痛みの原因は怪我をした時に生じる周囲の筋肉の過緊張と言われています。

しかし骨折と言う大きな損傷の前に見過ごされていることがほとんどなのです。筋肉ですからレントゲンにも写りません。

なので骨折を治すための固定や手術を行った後にいつまでも痛みが引かないのです。

 

私たち京都市の平川接骨院グループでは交通事故での骨折後のリハビリも行っております。

その際、痛みを改善させるために早くから筋肉の治療を行っていきます。

また、関節や筋肉の機能が悪くなるいわゆる【可動域制限(動きの悪さ)】に対しても同時に行うことにより

少しでも、痛みや可動域制限の後遺症を残さないような施術を行います。

 

交通事故のお怪我や骨折捻挫またはむちうち症といった症状にお悩みの方はお気軽に一度ご相談ください。

 

創業39年京都市の平川接骨院グループ

京都市南区【平川接骨院 南区本院】075-691-6790 京都市南区西九条西柳ノ内町28-5

京都市伏見区【平川接骨院 久我の杜院】 075-925-8642 京都市伏見区久我森ノ宮町14-12 プレジオ伏見久我1F

京都市右京区【平川接骨院 太秦院】 075-748-0808 京都市右京区太秦北路町8-3 シャンポール松室1F

受付時間 月・火・木・金 9:00~12:00、16:00~20:30

      水・土     9:00~12:30 日祝休診

※予約優先性で出来るだけ待ち時間なくスムーズにご案内致します。  お気軽にお電話ください。

1 2 3 4 5 6
..

〒601-8436
京都市南区西九条西柳ノ内町28-5

平川接骨院。電話番号075-691-6790
..
..

〒612-8495
京都市伏見区我森ノ宮町14-12
プレジオ伏見区我1F

久我の杜平川接骨院鍼灸治療院。電話番号075-925-8642
..
..
太秦平川接骨院鍼灸治療院

〒616-8182
京都市右京区太秦北路町8-3
シャンポール松室1F

上桂の杜平川接骨院鍼灸治療院。電話番号075-748-0808 公式サイト 地図
..
..
西京極平川接骨院鍼灸治療院

〒615-0804
京都市右京区西京極町ノ坪町25
サンフローネ川宗

西京極平川接骨院鍼灸治療院。電話番号0757547580 公式サイト 地図
..
..
花園駅前 平川接骨院/整体院

〒616-8043
京都市右京区花園寺ノ内町15-11

花園駅前 平川接骨院/整体院。電話番号 公式サイト 地図
..
..
上桂平川接骨院鍼灸治療院

〒615-8281
京都市西京区松尾木ノ曽町59-7

上桂平川接骨院鍼灸治療院。電話番号075-754-7445 公式サイト 地図
..
..
山科椥辻 平川接骨院/整体院

〒607-8162
京都市山科区椥辻草海道40-5 Y’sビル1F

電話番号 公式サイト 地図
..
..
今出川 平川接骨院/整体院

〒602-0941
京都府京都市上京区南兼康町340-2-2

電話番号 公式サイト 地図
..
西向日 平川接骨院/針灸治療院
西向日 平川接骨院/針灸治療院

〒617-0006
京都府向日市上植野町馬立19-2レジデンス向陽1F

電話番号 公式サイト 地図
..

肩こり専門整体_KATA+

京都市交通事故治療むちうち.com豆知識ブログ